ファンタジースプリングスの最新情報はこちら

なくなったは本当?『スタンバイパスはディズニー新エリアに必須!』現在も廃止されていないが正解

当ページのリンクにはプロモーションが含まれています。
東京ディズニーリゾートスタンバイパス徹底解説
ディズニーお悩み中

スタンバイパスってどんな時に使うんですか?早く取る方法具体的にどこで使うのかが知りたいです。

今回はこのような疑問にお答えしていきますね。

大事な部分だけ先にお伝えしますと、スタンバイパスは時期やタイミングによって必要か不要かが変わります。

2024年は6月6日にオープンするファンタジースプリングスの4つのアトラクションへ並ぶために必要です。

ひとまず「ディズニーシーの新エリアで遊ぶなら必要」だけ覚えておきましょう。

その他、過去に必要だった「美女と野獣」や「ソアリン」は、2024年現在不要です。

記事の「感想・質問」を「コメント欄」にて受付けています。

ディズニーお悩み中

初歩的な内容ですが大丈夫でしょうか?

りょう

大丈夫ですよ。安心して書けるようにコメントを承認制にしています。変な返信が付くことはありません。

お答えできる範囲で回答していきますね。

ドリバケロゴ

ドリバケ

ディズニーでお得に過ごすためのサイト

ディズニーを楽しく遊ぶため
夢のような時間を計画している
あなたを笑顔にする
お助けブログです。

もくじ

スタンバイパスとは?並ぶ権利のこと

スタンバイパスとは?並ぶ権利のこと

ディズニーランド・ディズニーシーで発行されているスタンバイパスをわかりやすく言うと「列に並ぶための権利」です。

整理券のイメージで大丈夫。

スタンバイパスが必要なアトラクション、レストラン、お土産ショップなどは、スタンバイパスを持っていないと列に並べません。

2024年6月6日にオープンするファンタジースプリングスのアトラクションを例にすると、4つのアトラクションは全て1デーパスポート+スタンバイパスが必要です。

DPA対象は3つ、ファンタジースプリングス・マジックなら4つのアトラクション全て「時間指定なく」並べます。

スタンバイパスが取れる時間は何時から?入園直後から取れます

スタンバイパスが取れる時間は何時から?入園直後から取れます

スタンバイパスはディズニーランド・ディズニーシーどちらも入園直後から取得可能。

基本的には、プライオリティパスやディズニー・プレミアアクセス(DPA)と同じようなイメージです。

例えば、開園時間が8:30の日に入園して、1枚目は「9:00から利用できる」スタンバイパスが取得できます。

入園直後から取得可能ですが、順番はハッピーエントリーのゲストが入り、次に一般入園のゲストが入る流れです。

そのため、早く入れるハッピーエントリーが有利となります。

スタンバイパスの仕組みを理解して早く取る方法

スタンバイパスの仕組みを理解して早く取る方法

これだけは覚えておいてください。

朝早く入園する方が有利です。

なぜかと言いますと、スタンバイパスの仕組みは、プライオリティパスやディズニー・プレミアアクセス(DPA)と同じように早い者勝ちです。

発行枚数に限りがあり、パークに入園した時点から取得できます。

そのため、開園時間から入園した方が有利です。

スタンバイパスが取れないを解消するルールと攻略方法

スタンバイパスが取れないを解消するルールと攻略方法

大前提として、スタンバイパスはパークに入園してから取得可能になります。

事前に取得はできませんので、注意してください。

スタンバイパスは時期やタイミングで必要になったり不要になったりします。

それらを踏まえて、次からスタンバイパス取得のルールを確認していきましょう。

  1. スタンバイパスを1枚も持っていない状態
  2. スタンバイパスを取得して使える時間が1時間以内
  3. スタンバイパスを取得してから2時間以内に使える
  4. スタンバイパスを取得してから使える時間が2時間以上後のパス

4つのパターンに分けて説明していきますね。

パターン①:スタンバイパスを1枚も持っていない状態

スタンバイパスを1枚も持っていない場合(パークに入園済み)は今スグ取得ができます。

パターン②:スタンバイパスを取得して使える時間が1時間以内

9:00に9:30から使えるスタンバイパスを取得したとします。

9:00に取得+使える時間が1時間以内です。

このパターンは、次回取得が9:30からとなります。

パターン③:スタンバイパスを取得してから2時間以内に使える

8:30に10:00から使えるスタンバイパスを取得したとします。

このパターンは、取得してから2時間以内に使えるのでスタンバイパス利用後から次が取得できます。

パターン④:スタンバイパスを取得してから、使える時間が2時間以上後のパス

8:30に11:30から使えるスタンバイパスを取得したとします。

取得から3時間後のスタンバイパスですので、次の取得可能時間は2時間後の10:30からです。

3歳以下の子供は不要

東京ディズニーリゾートは、3歳以下は無料で1デーパスポートが必要ありません。

そのため、スタンバイパスも不要です。

キャンセルした場合

スタンバイパスは取得後にキャンセルすることができます。

しかし、キャンセルした場合に同じものを再取得できないので注意が必要です。

マルチエクスペリエンス対応

マルチエクスペリエンスは、運営側の都合でキャンセルになった場合に再開されたら優先的に並べる特典のようなものです。

少しでもスタンバイパスを早く取るためには?2つのコツ

少しでもスタンバイパスを早く取るためには?2つのコツ

スタンバイパスを少しでも早く取るコツは2つです。

  1. 1枚目をできる限り早く取得すること
  2. 利用開始時間が2時間以内のスタンバイパスを取ること

この二つだけ覚えておきましょう。

コツ①:1枚目をできる限り早く取得すること

スタンバイパスは発行枚数に限りがあります。

1枚目を早く取得することが2枚目以降を早く取得するコツです。

先ほどのパターン①の「1枚も持っていない場合はスグに取れる」を利用します。

コツ②:利用時間が2時間以内のスタンバイパスを取ること

パターン③の「2時間以内に使える」を利用します。

とにかく早く使えるものを取ることで、次回取得までの時間を短くしましょう!ということです。

パターン④の使える時間が2時間以上後のパスを取ってしまうと、2時間待たないと次のスタンバイパスは取れません。

自分の手持ちのスタンバイパスを使って0枚の状態にすることで「今スグ取得できる」という状態を作ります。

少しでも次回取得までの時間が短くなるものを取りましょう。

スタンバイパスはなくなった?廃止されていません

スタンバイパスはなくなった?廃止はされていません

2024年1月5日現在では次のようになっています。

  • アトラクション:無し
  • お土産ショップ:有り
  • レストラン:有り

という状況です。

スタンバイパスは時期やタイミングによって必要かどうかが決まります。

アトラクションは新規で始まる、お土産ショップやレストランは新グッズや新メニュー発売時に必要になることがあります。

パークへ行く前に、TDR公式サイトを確認しておきましょう。

東京ディズニーランドのスタンバイパス発行状況

東京ディズニーランドのスタンバイパス発行状況

ディズニーランドでは一部スタンバイパスが必要な施設があります。

スタンバイパスが必要なアトラクション

2024年1月5日現在はありません。

過去に必要だった「美女と野獣“魔法のものがたり”」も今は不要です。

DPA対象アトラクションへ変更されています。

スタンバイパスが必要なレストラン

2024年1月5日現在はありません。

スタンバイパスが必要なお土産ショップ

2024年2月7日(水)から当面の間
  • キングダム・トレジャー
  • ディズニー&カンパニー
2024年1月23日(火)から当面の間
  • トレジャーコメット(カプセルトイのご利用のみ)
  • アドベンチャーランド・バザール(カプセルトイのご利用のみ)
  • ギャグファクトリー/ファイブ・アンド・ダイム
  • グランドエンポーリアム
2023年12月5日(火)
2023年11月17日(金)
  • フロンティア・ウッドクラフト

トイステーションは、通常のグッズ購入の場合はスタンバイパス不要です。

フロンティア・ウッドクラフト

東京ディズニーランドフロンティア・ウッドクラフト
出典:TDR公式サイトより

オリジナルグッズが作れるお店です。

自分の名前を入れて作ることができるので、思い出の作品になりますね。

東京ディズニーランドフロンティア・ウッドクラフトの場所
出典:TDR公式サイトより

場所はビッグサンダー・マウンテンのすぐそばです。

トイ・ステーション(ディズニービークルファクトリー購入)

東京ディズニーランドトイステーション
出典:TDR公式サイトより

通常のお買い物ではスタンバイパスは必要ありません。

ビークルファクトリーを購入する場合はスタンバイパスが必要です。

東京ディズニーランドトイステーションディズニービークルファクトリー
出典:TDR公式サイトより
東京ディズニーランドトイステーションディズニービークルファクトリーイメージ画像
出典:TDR公式サイトより

過去のデザインが入っているので、コレクションしたくなりますね。

東京ディズニーシーのスタンバイパス発行状況

東京ディズニーシーのスタンバイパス発行状況

ディズニーシーでは、今後スタンバイパスが必要な施設が追加されていきます。

過去に必要であった「ソアリン:ファンタスティック・フライト」は現在必要ありません。

DPA対象アトラクションへ変更されています。

スタンバイパスが必要なアトラクション

東京ディズニーシーファンタジースプリングスエリアイメージ
出典:TDR公式サイトより

2024年6月6日にオープンするファンタジースプリングス内のアトラクションで必要です。

  • アナとエルサのフローズンジャーニー
  • ピーターパンのネバーランドアドベンチャー
  • フェアリー・ティンカーベルのビジーバギー
  • ラプンツェルのランタンフェスティバル

フェアリー・ティンカーベルのビジーバギーはスタンバイパスのみ対応で、その他3つはDPA対象アトラクションになります。

スタンバイパスが必要なレストラン

2024年1月5日現在はありません。

スタンバイパスが必要なお土産ショップ

2024年1月23日(火)から
  • エンポーリオ
  • スリーピーホエール・ショップ
2024年1月23日(火)から
  • タワー・オブ・テラー・メモラビリア(カプセルトイを利用する場合のみ)
2024年1月15日(月)から
  • マクダックス・デパートメントストア
  • アーント・ペグズ・ヴィレッジストア
  • ガッレリーア・ディズニー

ややこしいディズニーの〇〇パスを紹介

ややこしいディズニーの〇〇パスを紹介

ディズニーのパスが増えすぎてわからない問題を解決します。

現在は3つの〇〇パスとエントリー受付があります。

3つのパスの共通点

共通点は、早い者勝ちであること。

どのパスも、朝早く入園した方が有利です。

そのため、早朝の開園待ちやハッピーエントリーで入園できるゲストが有利。

入園時間が遅いゲストは、損をするわけではありませんが、入園したら発行が終了していた・・という状況になってしまいます。

その①:スタンバイパス

スタンバイパスは、対象施設(アトラクション、レストラン、お土産ショップなど)に並ぶための権利です。

無料で利用することができます。

その②:プライオリティパス

プライオリティパスは、無料で使えるアトラクションに優先案内券。

DPAとは対象アトラクションが違うため、同時に取得することが可能です。

40周年限定として導入されましたが、終了する日にちは現在未定。

今のディズニーは、プライオリティパスの使い方で「1日に乗れるアトラクション」に差が出ます。

使えるうちに使っておきましょう。

ディズニーランドのプライオリティパス対象アトラクション

  • スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー
  • スペース・マウンテン
  • バズ・ライトイヤーのアストロブラスター
  • ビッグサンダー・マウンテン
  • プーさんのハニーハント
  • ホーンテッドマンション
  • モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”

ディズニーシーのプライオリティパス対象アトラクション

  • インディ・ジョーンズ®・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮
  • 海底 2万マイル
  • タートル・トーク
  • ニモ&フレンズ・シーライダー
  • マジックランプシアター
  • レイジングスピリッツ

その③:ディズニー・プレミアアクセス(DPA)

ディズニー・プレミアアクセス(DPA)は、有料で使える優先案内券です。

対象のアトラクションは、プライオリティパスより少なく、同じものはありません。

DPAを1回使うだけでも大幅な時短が可能です。

たとえば、150分待ちの美女と野獣“魔法のものがたり”で使えば、2時間半(150分)が15分〜20分ほどで乗れます。

価格は1,500円〜2,500円で、アトラクション以外にもショーやパレードにも適用されています。

ディズニーランドのDPA対象アトラクション・パレード

ディズニー・ハーモニー・イン・カラー
  • 価格:2,500円/1名
東京ディズニーランドエレクトリカルパレード・ドリームライツ
  • 価格:2,500円/1名
ミニー@ファンダーランド
  • 価格:2,500円/1名
美女と野獣“魔法のものがたり”
  • 価格:2,000円/1名
ベイマックスのハッピーライド
  • 価格:1,500円/1名
スプラッシュ・マウンテン
  • 価格:1,500円/1名

ディズニーシーのDPA対象アトラクション・ショー

“ビリーヴ!~シー・オブ・ドリームス~”
  • 価格:2,500円/1名
ソアリン:ファンタスティック・フライト
  • 価格:2,000円/1名
トイ・ストーリー・マニア!
  • 価格:2,000円/1名
タワー・オブ・テラー
  • 価格:1,500円/1名
センター・オブ・ジ・アース
  • 価格:1,500円/1名

その④:エントリー受付

エントリー受付とは「抽選」のことです。

主にパーク内で行われているショーに必要になります。

例えば、ジャンボリミッキーやビックバンドビードなど。

抽選ですので、当選しないと見ることができません。

狙い目の時間

人気のショー・パレード、食事の時間帯など多くの人が何かをしている時間帯を狙うことがおすすめです。

理由はかんたんで、応募する人が減るからです。

エントリーする際には、時間帯を意識して利用してみましょう。

スタンバイパスを取る流れを順番に解説

スタンバイパスを取る流れを順番に解説

入園するゲストは次の3パターンに分かれるかと思います。

  1. スマホでTDR公式アプリを使う
  2. 複数人のグループ
  3. チケットが紙のユーザー

基本的にはみなさん取得にはTDR公式アプリを使い、一人でもグループでも紙のチケット所有者も同じように進めていきます。

東京ディズニーリゾートスタンバイパス取得方法

TDR公式サイトからダウンロードしておきましょう。

はじめてTDR公式アプリを使う

はじめてTDR公式アプリを使う方は、画面の見方を確認しておきましょう。

東京ディズニーリゾート公式アプリ画面の見方1

開くと雲が流れているので少し待ちます。

右下のスキップは押さなくて大丈夫です。

パーク入園時に電波が悪くチケットが表示できないゲストは、スキップを押しましょう。

東京ディズニーリゾート公式アプリ画面の見方3パーク選択

入園するパークを選んでください。

①:ディズニーランドのゲストは右

②:ディズニーシーのゲストは左

東京ディズニーリゾート公式アプリ画面の見方2

先ほどの画面でスキップを押すと、「通信環境により〜〜」が出てきます。

大丈夫なので、「更新」を押してください。

東京ディズニーリゾート公式アプリ画面の見方4

下へスクロール(画面を移動)してください。

画面がわからなくなってしまった場合は、「家マーク」を押しましょう。

東京ディズニーリゾート公式アプリ画面の見方5

赤枠の「プラン」という部分にパーク内でよく使うものが入っています。

  • ディズニー・プレミアアクセス(DPA)
  • プライオリティパス(ファストパスみたいなもの)
  • スタンバイパス(この記事のメイン)
  • エントリー受付(抽選のショーなどに応募できます)
  • モバイルオーダー(スマホでレストランの注文ができます)
  • レストラン受付(残っていれば優先案内で早く入れます)
  • ショーレストラン予約
  • ホテル予約
  • バケーションパッケージ

一括りにされていてわかりにくいですが、とりあえずココを見ておけばOK!です。

アプリの使い方がなんとなくわかったと思いますので、実際にスタンバイパスを取る流れを案内しますね。

STEP
TDR公式アプリのスタンバイパスを開く

まずはTDR公式アプリを開きましょう。

入園しているパークを選びます。

東京ディズニーリゾートスタンバイパス取得方法ステップ1

東京ディズニーリゾート・アプリの「プラン」にある「スタンバイパス」をタップします。

東京ディズニーリゾートスタンバイパス取得方法ステップ1-2

利用したい施設のカテゴリをタップします。

STEP
パークチケットの認証
東京ディズニーリゾートスタンバイパス取得方法ステップ2

ご利用になる全員分のパークチケットを選択します。

紙のパークチケットをお持ちの方は、「スキャン」をタップして、パークチケットの二次元コードを読み取ってください。

STEP
スタンバイパスを使う施設の選択
東京ディズニーリゾートスタンバイパス取得方法ステップ3

施設の選択をします。

STEP
内容の確認
東京ディズニーリゾートスタンバイパス取得方法ステップ4

施設、時間帯、取得数を確認できたら、「取得」をタップします。

STEP
取得後の確認方法
東京ディズニーリゾートスタンバイパス取得方法ステップ5

スタンバイパスの利用時間がアプリ上の「プラン」に表示されます。

  • 次のスタンバイパス取得可能時間は、「プラン」の「スタンバイパス」をタップすると確認できます。
  • 取得したスタンバイパスは、アプリからキャンセルできます。
  • 取得済みのスタンバイパスの時間変更はできません。

紙のチケットの種類

紙のチケットを持っているユーザーは事前(入園前)にTDR公式アプリに読み込ませておきましょう。

  • ディズニーホテルで買える名刺サイズのパークチケット
  • バケーションパッケージに含まれるパークチケット
  • 旅行代理店、コンビニで購入した直接入園予約券
  • 株主用パスポート、スポンサーパスポート

これらの紙のチケットは事前にTDR公式アプリに読ませておきましょう。

スタンバイパスを発行する度に毎回チケットを読み込ませないとダメ?

一度読み込ませておけば、2回目は必要ありません。

しかし、チケットは捨てないで必ず持ち歩きましょう。

理由は二つあります。

  1. 入園やスタンバイパス使用時に確認される場合がある
  2. 再入園するときに必要になることがある

TDR公式サイトにも次のことが書かれています。

<注意>アプリに取り込んだ元のパークチケットは大切に保管し、入園当日は必ずパークにお持ちください。パークで確認させていただく場合があります。

引用:TDR公式サイトより

以上のことから、紙のチケットは捨てずに持ち歩く方が安心です。

スタンバイパスの料金は有料?無料です

スタンバイパスの料金は有料?無料?

スタンバイパスは無料です。

プライオリティパスも無料です。

有料は「ディズニー・プレミアアクセス(DPA)」になります。

スタンバイパスとプライオリティパスは、どちらも無料で使えるサービスです。

スタンバイパスってなんのためにあるの?

個人的な見解ですが、パーク側が人数をコントロールするためです。

理由は様々だと思いますが、お客さまの満足度に「パークでの待ち時間」が大きく影響します。

そのため、発行枚数と時間を設定してゲストの動きや満足度を調査+改善していると考えられます。

ディズニー・プレミアアクセス(DPA)の売上を落とさない

スタンバイパス発行の目的の一つには「DPAの売上を落とさない」があると思っています。

なぜかと言いますと、制限なく人気の場所に並べてしまうと他で売れるはずのDPAが買ってもらえないからです。。

例えば、6月にオープンするファンタジースプリングスがわかりやすいです。

多くのゲストがファンタジースプリングスのアトラクションに制限なく並んでしまうと、ソアリンやセンターなどのDPAの売上が下がってしまいます。

そこでスタンバイパスを使うことで、並べる人数を制限して人数をコントロールすることで既存のアトラクションの行列を減らさないようにします。

DPAを買う一番の理由は「待ち時間の短縮」ですよね。

行列のないアトラクションのDPAを買う理由はありません

まとめ:スタンバイパスは無料の整理券

まとめ:スタンバイパスは無料の整理券。ディズニーシーの新エリアに必須

今回はディズニーのスタンバイパスについて、ご案内しました。

スタンバイパスは無料の整理券であり、早い者勝ちのシステム。

時期やタイミングによって必要・不要が変わります。

基本的には、新規でオープンするもの、新発売のグッズに伴い必要になることが多いです。

2024年で一番利用されるのは、ファンタジースプリングスに入るために利用すること。

6月6日以降に東京ディズニーシーへ行く予定のあるゲストは、必ず覚えておきましょう。

Q&A:スタンバイパスのお悩みを解決

10秒で解決するQ&A

スタンバイパスに関するお悩みをQ&A方式でサクッと解決していきます。

スタンバイパスは有料ですか?ネット検索で買えない?って出てきます。

安心してください、無料で使うことができます。

その他、プライオリティパス、エントリー受付も無料です。

スタンバイパスはどうやって取るの?

TDR公式アプリを使って取得可能です。

手順を解説していますので、参考にしてください。

スタンバイパスは誰でも取れますか?

誰でも取得することができます。

事前取得はできないため、パークに入園後に取得してください。

スタンバイパスを取ったら何分前に並ぶ?

早く並べるなら利用開始時間の5分前にいきましょう。

プライオリティパス同様に、5分前にQRコードが表示されます。

スタンバイパスは時間指定できますか?

スタンバイパスはプライオリティパス同様に「時間指定」ができません。

スタンバイパスは一気にまとめて取れますか?

複数施設のスタンバイパスをまとめて取得することはできません。

スタンバイパスの取得回数に制限はある?

スタンバイパスの取得回数に制限はありません。

できる限り多く取得するコツを紹介しているので、『こちら』から飛んでください。

スタンバイパスの時間を過ぎてしまったらどうなりますか?

ファンタジースプリングスの場合はまだわかりません。

ショーの場合、進行状況によっては入場できなくなってしまいます。

早めの移動を心がけましょう。

ディズニー・プレミアアクセス(DPA)やプライオリティパスと併用できますか?

できます。

他のパスとは対象が違うため併用可能です。

ただし、同じ時間帯や走らないと間に合わないようなスケジュールの組み方は避けましょう。

スタンバイパスって2024年現在何に必要ですか?

スタンバイパスはTDR公式サイトの「対象施設」で確認することが一番早いです。

理由はかんたんで、必要か不要かがスグ変わるからです。

基本的に必要になるタイミングは次の3つだけ覚えておきましょう。

  • 新しいアトラクションが始まる
  • 新しいグッズが販売される
  • 新しいメニューが販売される

必ず必要!というわけではありません。

そのため、自分が新しい〇〇が目的でパークへ行く!というときは、TDR公式サイトのスタンバイパスを確認すれば大丈夫です。

シェアして幸せのかけらを渡す
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

初歩的でも大丈夫!質問&コメントはお気軽にどうぞ

コメントする

コメントは承認制です。一つひとつ確認しますのでお待ちください。

CAPTCHA

もくじ