ファンタジースプリングスの最新情報はこちら

DPAは事前購入できる?『ディズニー・プレミアアクセスの使い方』買い方から注意点まで徹底解説

当ページのリンクにはプロモーションが含まれています。
東京ディズニーリゾートディズニー・プレミアアクセス(DPA)徹底解説
ディズニーお悩み中

ディズニーへ行くので、ディズニー・プレミアアクセス(DPA)について知りたいです。有料なので、値段・早く取る方法・注意点とかあれば教えてください。

りょう

人気のアトラクションやショーパレは待ち時間が長いので時短できるならしたいですよね。気になる価格も合わせて案内しますね。

大事な部分だけ先にお伝えしますと、ディズニー・プレミアアクセス(DPA)は有料の優先案内券です。

残念ながら、DPAはバケーションパッケージのように事前購入して予約することはできません

プライオリティパスやスタンバイパスと同じように、パークに入園後からDPAの購入ができるようになります。

2024年の6月6日にオープンするファンタジースプリングスの4つのアトラクションのうち3つも対象です。

確実に購入したい場合は、ハッピーエントリーを利用したり早朝から開園待ちしたり対策が必要です。

ひとまず、有料だけどパーク内を効率よく「時短するなら必須」とだけ覚えておきましょう。

ドリバケロゴ

ドリバケ

ディズニーでお得に過ごすためのサイト

ディズニーを楽しく遊ぶため
夢のような時間を計画している
あなたを笑顔にする
お助けブログです。

もくじ

ディズニー・プレミアアクセス(DPA)の概念

東京ディズニーリゾートのディズニー・プレミアアクセス(DPA)とは?

まずは、ディズニー・プレミアアクセス(DPA)ってどんなもの?という概要を簡単に知っておきましょう。
※以下DPAと省略します。

ひとまず、次の3つだけ頭に入れておけば問題なしです!

  1. DPAとは?有料の優先案内パスポート
  2. DPAとFPとSPの違い 
  3. バケパとの違い

順番にご案内していきますね。

DPAとは?有料の優先案内パスポート

DPAとは、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーで使える有料のパスポートです。

いわゆる有料ファストパスの認識で、大丈夫です。

ファストパスって何?という方は、「普通に並ぶよりも早く案内してもらえる権利」と覚えておけばOK!

DPAとPPとSPの違いは?

 まぎらわしい3つのパスポートの違いは次のようになります。

  •  DPA (ディズニー・プレミアアクセス): 有料の優先案内
  •  PP(プライオリティパス): 無料の優先案内
  • SP(スタンバイパス):アトラクションやお土産ショップに並ぶ権利。

とりあえず、これだけ覚えておけば大丈夫です。

バケーションパッケージのアトラクション利用券、ショー鑑賞券との違いは?

明確に違う点は「事前に指定できる」ということです。

バケパは事前予約で、チェックイン日の10日前23:59まで申し込みが可能です。

DPAは現地のパークに入園後に買う必要があります。

DPAの対象アトラクションと値段

DPAの対象アトラクション、ショーパレードの数はパークによって異なります。

対象となるアトラクション数はディズニーランドの方が少ないですが、パレードはディズニーランド方が多くなっています。

東京ディズニーランド

2024年4月9日から「クワッキーセレブレーション★ドナルド ・ ザ ・ レジェンド!」が始まりますので、変更が予想されます。

ディズニー・ハーモニー・イン・カラー
  • 価格:2,500円/1名
東京ディズニーランドエレクトリカルパレード・ドリームライツ
  • 価格:2,500円/1名
クワッキーセレブレーション★ドナルド ・ ザ ・ レジェンド!
  • 価格:2,500円/1名
美女と野獣“魔法のものがたり”
  • 価格:2,000円/1名
ベイマックスのハッピーライド
  • 価格:1,500円/1名
スプラッシュ・マウンテン
  • 価格:1,500円/1名

東京ディズニーシー

“ビリーヴ!~シー・オブ・ドリームス~”
  • 価格:2,500円/1名
ソアリン:ファンタスティック・フライト
  • 価格:2,000円/1名
トイ・ストーリー・マニア!
  • 価格:2,000円/1名
タワー・オブ・テラー
  • 価格:1,500円/1名
センター・オブ・ジ・アース
  • 価格:1,500円/1名

東京ディズニーシーは、ファンタジースプリングスがオープンすると3つのアトラクションが追加されます。

  1. アナとエルサのフローズンジャーニー
  2. ラプンツェルのランタンフェスティバル
  3. ピーターパンのネバーランドアドベンチャー

価格は1,500円〜2,000円だと思われます。

フェアリー・ティンカーベルのビジーバギーはDPA対象ではなく、スタンバイパスのみです。

DPAの値段は高い?価格設定の理由を考えたら絶妙だった

DPAの値段は高い?価格設定の理由を考えたら絶妙だった

DPAの価格について、個人的には絶妙な値段設定をしたと考えています。

絶妙だと考えたのは次の2つの理由からです。

理由①:アンケートで納得の絶妙価格

X(旧Twitter)でアンケートを取ったところ、今のDPA価格については、高いと適性が僅差の結果となりました。

DPAはお金を払って優先案内を獲得するものなので「誰でも気軽に買える設定では意味がない」ということです。

今後500円ずつ値上がりしていきそうな気がしていますが、2025年はどうなっているでしょうか?

DPAの値段に対する考えをコメントで教えてください。

りょう

コメントは承認制を導入していますので、変な返信がつく心配はありませんので、安心して書き込んでいただけると嬉しいです。

理由②:日本人の平均年収から見ても絶妙

日本人の平均年収から時給を計算すると、少し贅沢をしたような気分になれる価格設定です。

計算するのに下記の情報を使いました。

  • 2018年の平均給与は433万円
  • 過去最高の来場者数は2018年の32,558,000人
  • 一般的にホワイト企業と呼ばれるのは年間120日以上の休み
  • 平均の年間休日日数は115.3日
  • 原則1日に8時間労働
日本人の平均給与の推移
出典:厚生労働省より

細かい部分は省きますが、この辺の情報から計算をすると平均年収433万だと時給が2,200円ぐらいになります。

DPAの価格帯が1,500円〜2,500円です。

つまり、一番多いゾーンの時給の方が「ちょっと贅沢をするとショーパレのDPAが買える」ように設定がされていることがわかります。

DPAのメリットとデメリット

DPAのメリットとデメリット

 DPAのメリットとデメリットは次のようになります。

  • 待ち時間が短い
  • 一日に回れるアトラクションの数が増える
  • 同行者の負担を大きく軽減できる
  • 有料である
  • 朝早く入る人が有利

順番に解説していきますね。

メリット①:待ち時間が短い

アトラクションであれば、DPAを使うことで15分前後で乗ることができます。

ショー・パレードであれば、座れる場所が決まっているので5分前でも大丈夫です。

基本的に人気のアトラクション(ランドなら美女と野獣、シーならソアリンなど)に割り当てられているので、普通に並ぶよりも大幅な時間短縮が可能になります。

例えば、美女と野獣であれば150分待ち前後が多いのですが、15分に短縮されるとします。

150分が15分になると、差は135分となり「2時間15分」です。

そんなのわかってるよ!という声が聞こえてきそうですが、時間単位に直すと印象が変わりませんか?

もしくは、新幹線で考えてみましょう。東京〜新大阪が約140分で2時間20分と、ほぼ同じ時間がかかるので違いを感じますよね。

メリット②:一日に回れるアトラクションの数が増える

1回使うだけでもアトラクションによっては120分ほど短縮できるので、一日で回れるアトラクションの数には大きく違いが出ます。

120分あれば、プライオリティパス対象のアトラクションなら2回乗れるものもあります。

メリット③:同行者の負担を大きく軽減できる

待ち時間が短いということは、並ぶ際の負担の軽減にもつながります。

私は子どもと一緒に行くようになってから、100分以上の待ち時間のものには乗らないようにしています。

その理由が、待ち時間による負担が大きいからです。

3歳で東京ディズニーシーへ行った時には、大好きなトイマニでも90分も経過すれば、退屈そうにしていました。

機会があれば、奥さんの両親を連れていきたいとも考えていますので、出費は痛いですが「辛いよりも楽しい」イメージでディズニーを楽しんでもらうために利用する予定です。

デメリット①:有料である

DPAのデメリットは、やはり有料であることです。

年齢はワンデーパスポートのように区切られておらず4歳以上は全て同額です。

なんのためにDPAを使うのか?という点が明確になっていると費用対効果として考えやすいかもしれません。

デメリット②:朝早く入る人が有利

仕様が変わらない限り、朝早く入園する方が有利です。

パークに入らないと購入することができないため、早朝から並ぶかハッピーエントリーを利用して一般ゲストよりも先に入れるゲストが有利となります。

これはDPA(ディズニー・プレミアアクセス)に限らず、PP(プライオリティパス)もSP(スタンバイパス)も同じです。

DPAの使い方

DPAの使い方

DPAの使い方はかんたんです。

パーク入園後にTDR公式アプリで購入し、QRコードを表示して機械にかざす。

QRコード?2次元コードの違いって何?

ネットで検索すると「QRコード」って書いてますよね。

わかりやすいので、私もQRコードと書いているのですが、TDR公式サイトには「2次元コード」と書かれています。

理由は、大人の事情が絡んでいると覚えておけば大丈夫。

気になる方はこちら

どうやって使うんだっけ!?と焦る必要はありません。

DPAは購入できる数に限りがあるので、自分が手間取ったとしても後ろに大勢の人を待たせる心配はありませんので、ゆっくり確実に操作しましょう。

購入方法は2パターンあり、TDR公式アプリで買う方法と現地の有人案内で購入することができます。

アプリでの購入方法

まずは、TDR公式アプリで購入する方法とお支払い方法を案内しますね。

お支払い方法
  • クレジットカード
    • JCB
    • VISA
    • Master Card
    • アメックス
    • ダイナースクラブカード
    • Orico
    • 三菱UFJニコス
  • デビットカード
  • プリペイドカード
STEP

TDR公式アプリを起動して画面下から「ディズニー・プレミアアクセス」を探す

ディズニー・プレミアアクセス(DPA)購入手順1
出典:TDR公式サイトより

チケットの下に「プラン」と書かれた場所があるので、もうちょっとだけ下を見てみましょう。

STEP

パークチケット認証

ディズニー・プレミアアクセス(DPA)購入手順2
出典:TDR公式サイトより

購入する人数分のチケットを選択。

紙のチケットのゲストは事前にTDR公式アプリにチケットを読み込ませておきましょう。

複数人で行く場合は、グループを組んでおきましょう。

割り勘したい場合はどうする?

一日の途中・もしくは最後にまとめて購入者に渡しましょう。

もしくはpaypayなどで送金するのもかんたんです。

ショーパレのように席が決まっているDPAを別々に購入してしまうと、一人だけ離れちゃう!みたいなこともあります。

悲しいのでグループで買いましょう。

STEP

施設の選択

ディズニー・プレミアアクセス(DPA)購入手順3
出典:TDR公式サイトより

DPAを買いたい施設を選びます。

STEP

時間選び

ディズニー・プレミアアクセス(DPA)購入手順4
出典:TDR公式サイトより

希望する時間を選んで「次へ」をタップ

STEP

内容確認

ディズニー・プレミアアクセス(DPA)購入手順5
出典:TDR公式サイトより

施設と時間と取得数を確認したら「確定」

STEP

心配性なゲストは取得後の確認を!

ディズニー・プレミアアクセス(DPA)購入手順6
出典:TDR公式サイトより

利用時間がアプリ上で確認できるので、私と同じように心配性のゲストは確認しておきましょう。

不安のままでは存分に楽しめません!!

STEP

使い方はQRコードをかざすだけ

ディズニー・プレミアアクセス(DPA)購入手順7
出典:TDR公式サイトより

QRをかざす場所がわからなければ、近くのキャストさんに聞いてみましょう。

入り口付近には基本的にいます。

有人案内でDPAを買う方法

東京ディズニーランド、東京ディズニーシーと買える場所が決まっています。

有人案内の特徴は「現金で買える」です。

代わりに現地までの移動時間が必要となる点は注意しましょう。

両パークの最寄りリゾートライン駅からのGoogle Mapを用意したので、利用するゲストは使ってみてください。

メインストリート・ハウス(ディズニーランド)

▼東京ディズニーランドステーションから行くゲスト

シェアして幸せのかけらを渡す
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

初歩的でも大丈夫!質問&コメントはお気軽にどうぞ

コメントする

コメントは承認制です。一つひとつ確認しますのでお待ちください。

CAPTCHA

もくじ